「講師」という仕事。

October 3, 2017

こんばんは。

こちらでの更新もお久しぶりになってしまいました

やはりアメブロを復活したので遅れがちです

でも時々は更新していきますね

良かったらお付き合いくださいませ

 

私は現在サロンのオーナーでもあり

スクールの講師としてもお仕事させて頂いています

スクール講師としては3年目になりました

そこで3年目だからこそ、ゆっくり振り返りも出来ています

 

今、講師とよばれたり○○アドバイザー的な職業が

沢山ありますよね・・・いわゆる「先生」と呼ばれる職業

この間まで普通の暮らしをしていた人が結果が出れば

もうすごい講師として名がひろがります。

 

女性が家で主婦をする、それだけではない時代

家で私のようにお店とスクールまでしちゃうという・・・

昔では考えられません。

 

それで思うのがこの講師という仕事で活躍し

毎年お仕事を継続して頂くこと

 

これ、めちゃくちゃ難しいと私は捉えています

サロン運営し3年以内に1割しか残らないって言われている

この業界で更に講師として仕事出来る方って

本当に少ない気がします

なのでサロン運営より難しいと私は思っているのです

 

正直、憧れだけでは継続は難しい仕事です。

 

私がなぜ講師になって、今もしているのか?を考えると・・・・・・・・・

私の中で「使命」を感じたのが最初かな

本当は修行時代は独立することが目標でしたが

いつの間にか・・・

「スクールをして1人でも多くの方へ自信持ってサロンを開業してほしい」

この気持ちになり開業3年以内に結果を出し、それからスクールと

スクールをする為の計画まで立てていました。

 

だから「先生」と呼ばれたいわけじゃなく、

スクールに通っても自分の手を信じられず震えている

生徒さんの心と手

そんな手ではお客様を癒せられない!!

私がその震えを止める生徒さんのお手伝いしたいーーー!!

とこの1点に集中したのです。

 

ちょっと変な人でしょ???笑

 

私も自分で思うのです、私は何をそんなに熱くなってんの?と

でも止められないこの気持ち。ここにかける気持ち。

そんな気持ちのまま3年です

これを信念っていうのかなぁと改めて思っています。

 

もしこの信念がなかったらとっくにスクールやめてると思います

それだけメンタル面での維持が必要となりました。

私も人間だからいろんなことがあります

そして仕事への考え方が変わることや変更をよぎなくされることもあります

その考えはぶれることが悪いわけじゃなく、ぶれるではなく「修正」となり、

新しい発想と改革が必要とされるので柔軟性がどうしても必要。

 

だから必ず講師としての自己成長が必要とされる職業

そしてその成長が更なる魅力へと繋がらなければ

お仕事は頂けない・・・その結論に達しました。

こうしてブログにしていても奥が深く

「講師」という仕事、まだまだ答えを追求していきます

 

 

まだまだ講師としてもオーナーとしても、

課題は多いのですが1つ1つクリアしていき

この仕事を貫く覚悟です。

 

「覚悟をもって仕事をする」これも講師から学んだことでした

では皆様おやすみなさい。

 

 

 

 

 

 

Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ